/durene880398.html,riverviewchildrenscenter.org,リチャードを探して,DVD , 外国映画 , ドラマ,7475円,[DVD] 7475円 リチャードを探して [DVD] DVD 外国映画 ドラマ /durene880398.html,riverviewchildrenscenter.org,リチャードを探して,DVD , 外国映画 , ドラマ,7475円,[DVD] 低価格 リチャードを探して DVD 7475円 リチャードを探して [DVD] DVD 外国映画 ドラマ 低価格 リチャードを探して DVD

低価格 スーパーセール リチャードを探して DVD

リチャードを探して [DVD]

7475円

リチャードを探して [DVD]

商品の説明

Amazonレビュー

   アル・パチーノがシェイクスピアの『リチャード三世』を舞台化するまでのプロセスをドキュメンタリータッチで映画化した画期的な作品。役者やN.Yの街の人々にシェイクスピアについて語らせ、戯曲に取り組む役者たちのディスカッション、リハーサルなど、舞台の裏側も徹底的に映し出し、そのドキュメンタリーの合間に戯曲『リチャード三世』を挿入させる。あらゆる視点からシェイクスピアの魅力に迫っていくパチーノの情熱に圧倒されること必至。とはいえ、役者たちのユーモアたっぷりの本音は楽しく、N.Yの街に飛び出して取材を敢行するパチーノの素顔も微笑ましく、シェイクスピアの世界をわかりやすく伝える演出のうまさも光る。パチーノ監督の知性とユーモアと類まれな才能に思わずひれ伏す傑作ドキュメンタリーだ。ケビン・スペイシー、ウィノナ・ライダー、アレック・ボールドウィンなどスター役者の友情出演も見逃せない。(斎藤 香)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

"アル・パチーノが初監督を務め、大胆かつ野心的な演出で魅せる異色作。シェ-クスピアの戯曲「リチャード三世」を題材に、同作の映像化を巡るドキュメンタリーと本編ドラマで構成する。“今なら2枚で\1,990 新コレ!”。"

リチャードを探して [DVD]

以前観て感動しましたので、今回購入しました。リアルな演技は日常の感情から来る事がよく分かりました。
わたしはアル・パチーノが苦手ですが、これは彼のアツ苦しいほどの役者魂!がクールに作用していて、かなり面白いです。本編はシェイクスピアの歴史劇『リチャード三世』の、親兄弟がダマシ合い、殺し合う血みどろの陰謀劇。すべてNYでロケされた大聖堂や修道院の雰囲気も渋く、服装も時代考証を無視しない程度にスタイリッシュで、アメリカのエンターテインメント界の底力を見る思い。これを「英文学とか〜イミわかんないし〜」とか言っている現代NYの若者たちにタダで見せるべく、アル・パチーノが役者仲間と街中を奔走するメイキング、ほぼギャラ無しで参集してくれた、英米の名だたる名優たち(ケヴィン・クラインからヴァネッサ・レッドグレーヴまで)への「ひとこと」インタヴューが、MTVのような絶妙な編集で本編に挿入され、シェイクスピア・マニアにはもちろん、一度でも演劇をやったことがある人には、臨場感がタマらないと思います。ラストシーン、フェイドアウトするセント・ポール寺院の映像にかぶさるシェイクスピアの名台詞、「役者も劇場も、大聖堂も、この地球も消え、あとには何も残らない・・・われわれは夢と同じ材料でできている」を聞きたくて、年一回は発作的に見てしまう。あと、当時旬だった俳優が参加しているだけに、アレック・ボールドウィンがやせている!とか、どことなくキーラ・ナイトレイに似ているウィノナ・ライダー・・・(涙)とか、悲喜こもごもが味わえます。
アル・パチーノの思いがみなぎり、そのあまりの熱さにこちらがびっくり!ここまでの強い思いをどう受け止められるか・・・。シェークスピアへの対応というのか知識の差を感じさせられる。知識の差は、欧米と日本、もそうだけど、英米にもあるのだな、というのをつくづく感じさせられます。英米の違いなどを考えている人にもおすすめです。
ケヴィン・スペイシーのファンです。スペイシーがロンドンでリチャードIIIの舞台をしていて、どういう話か知りたかったのもあって、あと、スペイシーが出演しているので見ました。ドキュメンタリーというので少し敬遠していたのですが、意外と面白かったです。とくに、スペイシーの素顔が見れるのがうれしい。電話してるところとか、パチーノと役について話し合ってるところとか、思ったよりも映ってました。ここでもスペイシーは一癖ある役柄(バッキンガム公)だったんですねえ。ああスペイシー。このドキュメンタリーを見て、役者って、真剣だな、でもとても楽しそうと思いました。こういう製作過程を見ることってまずないから、新鮮でした。

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのお土産・グッズ・キャラクターグリーティング・レストランの紹介☆