[DVD],DVD , ミュージック , J-POP,/definitor846603.html,2870円,渋旅初め,riverviewchildrenscenter.org [DVD],DVD , ミュージック , J-POP,/definitor846603.html,2870円,渋旅初め,riverviewchildrenscenter.org 渋旅初め DVD 送料無料カード決済可能 2870円 渋旅初め [DVD] DVD ミュージック J-POP 渋旅初め DVD 送料無料カード決済可能 2870円 渋旅初め [DVD] DVD ミュージック J-POP

渋旅初め 正規品 DVD 送料無料カード決済可能

渋旅初め [DVD]

2870円

渋旅初め [DVD]

商品の説明

内容紹介

音楽ファンのみならず演劇・舞踏ファンからも人気と評価の高い、渋さの真骨頂であるライヴは年間で通算約150ステージを越し、その活動の大半をライヴで埋め尽くしている。単独公演でこれまで最も動員数を記録した2006年「渋旅初め」Shibuya O-EAST LIVEをCS放送フジテレビ721の8台にも及ぶカメラで捉え、BEST ALBUM『渋全』リード曲「渚の男(ナギサノヒト)」PVやカラー24ページに及ぶ渋さ史上初の"チビ写真集" も仲間入りし、盛り沢山の内容でリリースいたします!!!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

音楽ファンのみならず演劇・舞踏ファンからも高い評価を得る渋さ知らズ。彼らの単独公演の中から、これまでもっとも多くの動員数を記録した「渋旅初め」の模様ほか、ベストアルバム「渋全」のリード曲「渚の男(ナギサノヒト)」PVを収録。

渋旅初め [DVD]

渋さの魅力は、なんと言ってもライブ、次にDVDなどの映像だと思っていますが、このDVDはいけません。エフェクトと言うのでしょうか、画面が製作者によって、加工されすぎ、観ていられたものではありません。私は、目の疲れと共に、気分が悪くなりました。(体調が)画面がフラフラ動きすぎて、渋さのよさであるパワーある演奏、ダンサーなどの動きの良さは伝わってきません。どのような意図でこのような映像にしたのでしょうか?製作者には、本DVDをすでに販売されている他の2作のDVDのような、映像的に手を加えていないものを再度販売してもらえないだろうか。そうすれば、このような評価にはならないはずです。渋さ知らズの演奏、パフォーマンスは、素晴らしいのだから。
ライブバンドの映像化の難しさをしみじみ感じる“渋さ知らズ”。あの何といっていいのか、ライブ会場にいると自然に湧き上がってくる磁場というか、否が応でも体が勝手に踊らされてしまうあの恍惚とした宗教的といっていい程のエネルギーは、どうしても映像には焼きつきにくいですよね〜。一度でもライブに行った人には追体験ができるDVDというメディアも、映像のみで初めて見る人には“へぇ〜すごいね”で終わってしまいそうで歯がゆいところです。それでもこの前の2作は良くできてました。今度のこれは本当に8台もカメラ使ってこれ?っていう・・。このエフェクトといい、ものすごく歯がゆい。個人的には“天幕”がお薦めなのですが、彼等のライブは毎日違うのも勿論ですが、時期によってテイストも違いますので、“天幕”の頃のまだ前衛ジャズっぽさが残る(サン・ラーがよく引き合いに出されます)演奏と、この時のかなりポップに昇華された演奏とやはりどちらも捨てがたいものがあって、また今回も演奏は素晴らしいのでこのカメラワークの下手くそさがますます歯がゆい。いずれにせよ、クライマックスでの盛り上がりに南波ともこ氏と、渡部真一氏の不在もかなり痛いし・・・。いろんな部分で残念だなぁって。
渋さ知らズの新作ライヴ盤DVDです。2006年1月14日渋谷O-Eastでのライブ。エイヴェックスに移籍してからのメジャー・リリースとしては初めてのライヴ盤となります。これがもの凄いです。まさに渋さの最高の瞬間を捉えた映像・音楽だと言えると思います。演奏されるレパートリーは「股旅」「火男」「Naadam」「本多工務店のテーマ」などおなじみのものばかり。ベスト・オヴ・渋さの選曲になっているところもポイント高し。僕は何回か渋さのライヴを観に行ってますが、ここまで凄まじい渋さは初めてです。録画・録音されるということで、メンバーも一層気合いが入っていたのかもしれません。リーダーというか、「ダンドリスト」の不破大輔の振る舞いもいつも通り。ステージ中央で煙草を吹かしながら、指揮をするようなしないような泰然自若とした様子は、まさにオーラ満開。演奏は決められたテーマを演奏する以外のソロ部分は、あらかじめ誰がソロを取るとか長さとかも決められてはおらず、その都度極めて自然発生的にソロが出来てくるという感じ。一旦、エンディング・テーマを演奏して曲が終了するかと思いきや、誰かがまだ物足りないとばかりにソロを始めて演奏が継続するという具合です。三十数人もメンバーがいるので、ステージ上は混沌の極み。整然と並ぶのではなく、ただめいめいが座りたいところに座っているという感じで、トランペットの横にサックスの横にヴァイオリンの横にエレキ・ギター、とかいう具合で、アンサンブルになると、巨大なうねりのようになって、それらの音の集合体がせめぎあいながら、押し寄せます。これを聴いたら、サン・ラーも歯ぎしりしたであろうというような、とぐろを巻いたサウンドの桃源郷です。音楽、美術、舞踏、ダンス、映像、照明、音響。それらの全てにおいて、今現在、渋さ知らズが最高の存在であることをものの見事に証明してみせたDVDです。必見!
片山と川口にはさまれた、秀樹のリアクションがばっちり(照明も合ってる。)!演奏もそうだが、全体のアート感というのか・・・すばらしい!
編集部からのお知らせ
新着、記事まとめPDF「DX新局面」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
製品解説 「DJI Mavic 3」開封--大幅に進化した新型ドローン
特集・解説 「量子コンピューター」バブルへの懸念--誇大宣伝や過度の期待が抱えるリスク
クライアント ヘッドセット「Jabra Evolve2」新製品に見るオンライン会議での音質問題の勘所

News from ZDNet Worldwide

本国アメリカのZDNetが発信する海外最新IT動向やテクノロジトレンドに関するニュースを毎日発信!

企画特集 PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]