ザ 100%品質保証! ストーン ローゼズ:メイド Blu-ray オブ ザ 100%品質保証! ストーン ローゼズ:メイド Blu-ray オブ /claimant880178.html,ザ・ストーン・ローゼズ:メイド・オブ・ストーン【Blu-ray】,DVD , 外国映画 , ドキュメンタリー,riverviewchildrenscenter.org,3758円 3758円 ザ・ストーン・ローゼズ:メイド・オブ・ストーン【Blu-ray】 DVD 外国映画 ドキュメンタリー 3758円 ザ・ストーン・ローゼズ:メイド・オブ・ストーン【Blu-ray】 DVD 外国映画 ドキュメンタリー /claimant880178.html,ザ・ストーン・ローゼズ:メイド・オブ・ストーン【Blu-ray】,DVD , 外国映画 , ドキュメンタリー,riverviewchildrenscenter.org,3758円

時間指定不可 ザ 100%品質保証 ストーン ローゼズ:メイド Blu-ray オブ

ザ・ストーン・ローゼズ:メイド・オブ・ストーン【Blu-ray】

3758円

ザ・ストーン・ローゼズ:メイド・オブ・ストーン【Blu-ray】

商品の説明

内容紹介

再び回り出した歯車、動き出した時計。 ザ・ストーン・ローゼズの光と影、そして、新たな輝く未来(ステージ)が、ここに。
―――伝説は今、再び現実となって、新たなページを刻み始めた! !

マッドチェスター・ムーヴメントの中心的存在として全世界の音楽シーンに多大なる影響を与えたザ・ストーン・ローゼズの、
96年の解散から15年後の2011年10月18日、再び始まった活動を最も近くで記録した、
バンド史上初にして決定版ともいえるドキュメンタリー映画が、ついにBlu-ray発売!!
監督は熱狂的なローゼズ・フリークでもある、『This Is England』の鬼才シェイン・メドウズ。

サッカーと音楽しか成り上がる手段がなかったマンチェスターのワーキング・クラス出身の4人による
感動的な再会劇から初めて明かされるその裏側、そして彼らを人生の一部として愛するファンの素顔を、
再結成にまつわるライヴやバックステージ映像と、これまで未公開であった秘蔵映像を軸に、鮮烈に描き出す。
人里離れた隠れ家のようなリハーサルハウスでの貴重な練習風景から、
再結成後初めてとなる緊張のステージの模様、再び襲い来る悪夢のようなアクシデントと繊細な人間模様。
そして地元マンチェスター、ヒートンパークで22万人(! )を集めたの圧巻の凱旋ライヴまで、
初公開となる彼らの演奏シーンを十二分に交えながら、マッドチェスター・ムーヴメントという奇跡を起こした4人が躍動する!
この映画は、彼ら4人が、古き良き時間をもういちど共有するのではなく、
再びファンと共に新たな道を歩み始めたことを、熱く雄弁に刻みこんだマニフェストでもあるのだ。
最後には、バンドにとっても、監督メドウズにとっても、
日本のファンは特別な存在なのだ、ということがエンドロールで明らかになる。

[監督]シェイン・メドウズ(『THIS IS ENGLAND』)

[出演]
ザ・ストーン・ローゼズ(イアン・ブラウン、ジョン・スクワイア、レニ、マニ)
リアム・ギャラガ―(ex.オアシス、ビーディ・アイ)
エリック・カントナ(元マンチェスター・ユナイテッド)
熱烈なローゼズ・ファンの皆様 ほか

[特典]lt;br≪貴重なLive、スタジオリハ映像の数々ほか、特典満載、約100分! ≫
◆『She Bangs The Drums』(Live/フジロック・フェスティバル 2012)
◆『Shoot You Down』(Live/ウォリントン・パー・ホール 2012)
◆『Don't Stop』(スタジオリハーサル)
◆『I Wanna Be Adored』(スタジオリハーサル)
◆スタジオジャムから『I Wanna Be Adored』へ(スタジオリハーサル/監督S・メドウズがスマートフォンで撮影)
◆各地でのライヴをダイジェスト(開演前の定番曲The Supremes『Stoned Love』にのせて)
◆シークレットライヴの舞台裏
◆極秘リハーサルスタジオを探して
◆オレのワタシの熱烈ローゼズ愛を聞いて(見て)くれ!!
◆イアン・ブラウン、スマートフォンで激撮!!
◆地元マンチェスターでの映画ワールドプレミア
◆監督S・メドウズ他によるオーディオコメンタリー(副音声) ◆予告編

[仕様] 裏面アナザーデザインのリヴァーシブルジャケット
[初回限定仕様] アウタースリーヴケースamp;ポストカード付き

2012年/イギリス映画/原題「The Stone Roses:Made Of Stone」/2013年日本劇場公開
© Channel Four Television/BMSW Ltd. and Warp 1989 Ltd. 2013.

※特典・仕様は予告なく変更になる場合があります。

"span"内容(「キネマ旬報社」データベースより)

"span"96年の解散から15年後の2011年10月18日に活動を再開したザ・ストーン・ローゼズ。4人の再会劇から初めて明かされるその裏側やファンの素顔を、再結成にまつわるライブや未公開秘蔵映像を軸に描き出すドキュメンタリー。監督はシェイン・メドウズ。

ザ・ストーン・ローゼズ:メイド・オブ・ストーン【Blu-ray】

「made of stone」を使った予告編が非常にカッコよかったので購入しました。私はリアルタイムのファンではありませんが、過去と再結成発表時双方の映像を織り交ぜながら本編が進行していく中、ウォリントン・パー・ホールでの復活ライブ一曲目「Adored」のシーンでは、映像内のファンにシンクロして涙が溢れました。本編中フルで演奏が観れる曲目は「Waterfall」と上記の「Adored」と「FOOLS GOLD」の3曲なのですが、特にクライマックスの「FOOLS GOLD」の演奏は復活後ワールドツアーを重ねてより磨きのかかった演奏になっており、この熟成された演奏を観てから新アルバム等の展開をつい期待してしまうようになりました。個人的にはこの「FOOLS GOLD」の演奏がBD画質で観れるだけでも買う価値がありました。2011年に「ストーンローゼズ再結成」のワードに反応した方は買って損しない内容だと思います。
ところでレニと他のメンバーとの仲は回復したの?最後あやふやな感じで終わったような…
2016年。 監督はシェーン・メドウス。2011年の再結成を追ったドキュメンタリー。初期の見た事ない映像や写真に大興奮。 曲にも全部対訳がついてるので、20年以上聴いてるのに初めてちゃんと歌詞を知ったりもした。このバンドを愛するイギリスのファンが沢山出てくるのだが、溢れ出す愛がすごかった。 ぼくは個人というより作品(特にアルバム)で好きになるので、メンバーのキャラクターとかはあまり知りたくない方なのだが、それでも盛り上がれた。監督が無駄に出演してきたり、中盤からテンポが悪くなってダレてきた。 2012年のフジロックでライブを観たのだが、あんまり楽しくなかったのを思い出した。 ライブより音源が好きな事を再確認。バンドの再結成が嬉しかった事や、再結成後の作品が全盛期よりいいと思った事は一度もない。 なのでスミスとかR.E.M.には再結成しないでほしい。 オアシスは確実に再結成すると思うけど、アルバムは聴きたくない。(聴くけど)ぼくにとっては音源だけ聴きこんで、メンバーの事は知らない方が楽しめるんだと思います。
こんなにも愛されているバンドなんだなと改めて実感した。サプライズギグに集まったファンの皆さんの表情、コメント。ライブを観れた人、会場に入れなかった人。ローゼズではなく、まさかそのファンたちを観て泣けるとは思わなかった。もちろん、私はフジで号泣でしたが。

音楽に関することを中心に、音楽理論や作詞・作曲・編曲・DTMのコツ、機材レビュー、楽器上達法などを紹介するブログサイトです。

  • 2021年11月18日

OneOdio『Monitor 60』コスパ良しのハイレゾ・モニターヘッドホン。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はモニターヘッドホン、OneOdioの『Monitor 60』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 装着感が気持ちいい! 特 徴 レコーディングスタジオ向きのモニターヘッドホン。 高解像度の高品質認証を取得。 50mm […]

  • 2021年11月12日
  • 2021年11月13日

Speakman rpg04 – 0405-bn The Edgeハンドル

こんにちは。マサツムです。 今回はハモンド・オルガン・ソフト音源、IK Multimediaの『Hammond B-3X』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 音を出すたびにうれしくなる気持ち良さ! 特 徴 ソフト音源で「Hammond B-3」を完 […]

  • 2021年11月5日
  • 2021年11月5日

『Amplitube 5』音色がかなり良くなった!最高峰のアンプシミュレーター。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はアンプシミュレーター、IK Multimediaの『Amplitube 5』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 「Amplitube 4」が改良された、スーパーAmplitube! 特 徴 有名ブランド&アーティス […]

  • 2021年10月29日

DTM音楽用語辞典178「リニアフェイズEQ」とは?

こんにちは。マサツムです。 音を作る時に一番使われるエフェクターはイコライザーです。 キャラ作りやローカットなどのフィルターの代わりや微調整などなど、いろんな用途で使われます。 タイプがたくさんあるEQの特性を知ることは、すごくDTMのミックスに役立ちます。 その中でも今回は、使い方を知るとワンラン […]

  • 2021年10月14日
  • 2021年11月2日

T-RackS『Space Delay』名機のアナログ・テープ・エコーを完全モデリング。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はアナログ・テープ・エコー、IK MultimediaのT-RackS『Space Delay』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 アナログ・テープ・エコーといえば、を完璧に作ってくれた! 特 徴 テープ・エコーの名 […]

  • 2021年10月11日
  • 2021年11月2日

T-RackS『Tape Machine Collection』テープ・マシン・サウンドを知りたい人の必須アイテム。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はテープ・マシン・シミュレーター・バンドル、IK MultimediaのT-RackS 5『Tape Machine Collection』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 好みのビンテージサウンドが見つかる! 特 […]

  • 2021年10月6日
  • 2021年11月2日

『T-RackS Sunset Sound Studio Reverb』ワクワクするレコーディング・シミュレーション・ツール。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はコンボリューション・リバーブ、IK MultimediaのT-RackS 5『TR5 Sunset Sound Studio Reverb』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 名盤を作ってきたSunset Soun […]

  • 2021年9月30日
  • 2021年11月2日

T-RackS 5『TR5 Comprexxor』音がキレイに気持ちよくまとまる、万能コンプレッサー! 使ってみた・使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。 今回はコンプレッサー、IK MultimediaのT-RackS 5『TR5 Comprexxor』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 オールマイティに使えるアナログ・コンプ! 特 徴 ビンテージ・コンプの定番『EMPI […]

  • 2021年9月25日
  • 2021年11月2日

『SampleTank 4』DTMer必須のマルチ総合音源。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はマルチ総合音源ソフト、IK Multimediaの『SampleTank 4』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 一番よく使うマルチ総合音源! 特 徴 膨大な音源が収録されている人気のマルチ音源シリーズ。 ソフト内 […]

  • 2021年9月16日
  • 2021年11月2日

『Lurssen Mastering Console』これは感動もんです。最強のマスタリングツール。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はマスタリング・ツール、IK Multimediaの『Lurssen Mastering Console』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 早くも、これ無しではマスタリングが不安になる! 特 徴 簡単に最高の調整が […]