2533円,<東宝Blu-ray名作セレクション>(5/14公開「ゴジラvsコング」特製ロゴステッカー付),DVD , 日本映画 , 特撮,/ambivalency880230.html,riverviewchildrenscenter.org,【メーカー特典あり】モスラ対ゴジラ メーカー特典あり モスラ対ゴジラ <東宝Blu-ray名作セレクション> 5 14公開 特製ロゴステッカー付 ゴジラvsコング 国内正規品 2533円 【メーカー特典あり】モスラ対ゴジラ <東宝Blu-ray名作セレクション>(5/14公開「ゴジラvsコング」特製ロゴステッカー付) DVD 日本映画 特撮 2533円,<東宝Blu-ray名作セレクション>(5/14公開「ゴジラvsコング」特製ロゴステッカー付),DVD , 日本映画 , 特撮,/ambivalency880230.html,riverviewchildrenscenter.org,【メーカー特典あり】モスラ対ゴジラ 2533円 【メーカー特典あり】モスラ対ゴジラ <東宝Blu-ray名作セレクション>(5/14公開「ゴジラvsコング」特製ロゴステッカー付) DVD 日本映画 特撮 メーカー特典あり モスラ対ゴジラ <東宝Blu-ray名作セレクション> 5 14公開 特製ロゴステッカー付 ゴジラvsコング 国内正規品

メーカー特典あり モスラ対ゴジラ <東宝Blu-ray名作セレクション> 5 14公開 人気の定番 特製ロゴステッカー付 ゴジラvsコング 国内正規品

【メーカー特典あり】モスラ対ゴジラ <東宝Blu-ray名作セレクション>(5/14公開「ゴジラvsコング」特製ロゴステッカー付)

2533円

【メーカー特典あり】モスラ対ゴジラ <東宝Blu-ray名作セレクション>(5/14公開「ゴジラvsコング」特製ロゴステッカー付)

商品の説明



【メーカー特典】
5/14公開「ゴジラvsコング」特製ロゴステッカー付

●対象期間
5/12~ステッカーなくなり次第キャンペーン終了

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」公開記念!
旧作29タイトルが lt;東宝Blu-ray名作セレクションgt; で登場! 初廉価化! !


【映像特典】
●劇場予告(HD画質) ●短縮版「モスラ対ゴジラ」(HDブローアップ) ●「モスラ アタック 東京」8mm+ソノシート*(SD画質)
●絵本「モスラ アタック 東京」 ●ゴジラ 造型の世界 ●モスラ対ゴジラ バトルスケッチ集(以上HD画質)
●スナップで観る特撮の現場(静止画・HD画質) ●オーディオ・コメンタリー*(佐原健二/聞き手 倉敷保雄)
*印は、DVD収録のものと同一です。

【メーカー特典あり】モスラ対ゴジラ <東宝Blu-ray名作セレクション>(5/14公開「ゴジラvsコング」特製ロゴステッカー付)

小学生の頃、春休みや夏休みの頃だったか、市民会館で3本立て、とかよくやってました。下校時に校門前でおっちゃんが割引券を配ってたのを思い出します。なんでガ?、なんでイモムシ?と戦ってるの?と子供のときは気持ち悪い印象しかなかったのですが、当時も現在も世界中見ても、こんな戦いはいまだかつてない設定、斬新です。ザ・ピーナッツの歌声が美しく、単なるお子様映画でなく、ファンタジーに昇華しています。妙なツッコミはやめて、どっぷり楽しみましょう。特撮(トクサツ、いい響きだ!)技術も円谷英二の最高峰ではないでしょうか、個人的にはイモムシが泳ぐところがかわいい。
劇中、熊山が「卵の卸価格を1個8円…」と発言していた。卵は物価の優等生だね。初期の怪獣映画だから、民間人の宝田明らがなんで島の生徒たちを助けに行くのだろうなんてのも、不問ですな。そのほか、戦車が素早い連発なのもおかしいけど、仕方がない。更にゴジラが悠長な仕事をしているのもしようがない。自衛隊の仕事が速いということにしておこう。例によって「歌」が長いのも仕方がない。それで時間を稼ぐんだし。「モスラ」、「キングコング対ゴジラ」、そして「モスラ対ゴジラ」。小学生の時にみんな映画館で見た懐かしい作品です。あの頃は怪獣ブームだった。中学生になったら見なくなってしまったな。懐かしいから星四つ。作品のレベルは低いかもしれないけれど、このころの怪獣映画はこんなものだよ。でも、モスラって武器はほとんど風を起こすくらいだよねえ。幼虫の頃の糸吐き攻撃のほうが有力な感じがする。
 はじめて観たゴジラ映画が「モスラ対ゴジラ」でした。映画「ゴジラ」を観ていないと、ゴジラがなんだかよくわからない設定ではありますね。今見返すと開発とかレジャーに懸命な欲深い人たちと卵を守るモスラの母性愛とのコントラストがストリーをもり立てていて、最後は島に残された子どもたちを助けることで人間不信社会からの脱却を行動で示しているという展開はなかなか面白いものとなっています。 特撮では派手な特殊兵器もなく意外と地味ながら火薬をうまく使った迫力のあるものになっているのはさすがだと思いました。映画としては奇をてらった特撮にウエイトがかかりすぎると、どうしてもリアリティが後退してしまうので、逆に本作品の映画としてのまとまりの良さには脱帽です。 悪役のゴジラですがテレビ塔に尻尾をからめてこけたり、名古屋城でもこけてしまい、最後にモスラの幼虫に尻尾を噛まれるなどの愛嬌があって憎めないところがありますね。開発地から忽然と現れるゴジラの姿に、欲深い人間の傲慢さが、いかにちっぽけなものなのかを恐怖とともに描き出しているのは秀逸だと思います。
セル用BD通常版で購入。1964年の「キングコング対ゴジラ」と「モスラ」が同じ東宝特撮世界の物語だったことが分かる作品。同じ関沢新一脚本で「モスラ」とほぼ同じスタッフで製作されているのに、続編かというと首をかしげるような公開時の違和感が記憶に残っていました。オープニングの台風からの倉田浜干拓地の精密なミニチュワークから特撮世界に引き込まれます。打ち上げられる船の編集とか(卵に漕ぎ寄せる漁船とか)変なところもありますが、画面の迫力にそれこそ飲み込まれてしまいます。本作の毎日朝日新聞の酒井市郎(宝田明)中西純子(星由里子)動物学者の三浦俊介(小泉博)トリオの小美人(ザ・ピーナッツ)やモスラに対するリアクションの薄いこと。「モスラ」の事件を知っているのかいないのか曖昧な様子です。小泉博さんも別人役ですし…。同じことは虎畑治郎(佐原健二)熊山社長(田島義文)コンビにも言えます。小美人に関わった興行師がどんな末路を辿ったか、卵から産まれたモスラを制御できるわけがないのは自明の理でしょう。「モスラ」の物語のおさらいをしていたのでしょうか。出現したゴジラ(手塚勝巳・中島春雄)に群衆が退避するシーンや、ホテルのシーン等当時の映画は余裕のあるセット造りがいいですね。名古屋襲撃場面でアナウンサーが『警備隊の指示に…』と連呼していますが、『警察予備隊』をまだ引き摺っています。対策本部長(「宇宙大怪獣ドゴラ」の岩佐陸将?藤田進)の指揮で陸・空共同の自衛隊は土木車両、戦車、航空機と、実効的な作戦が相俟って子供時代はミニチュアだからこそ熱中して観たものです。またこの世界では自衛隊の行動範囲も広く、ロリシカ領であるはずのインファント島に海上自衛隊の飛行艇で民間人の酒井たちを送迎しています。そのくせ島には上陸せず、モスラとゴジラの対決場面にも人員を配置しない等モスラには興味がないようです。それこそ「モスラ」で刺激しなければ安全であると学習したのでしょうか。ロリシカの名前は出てこないし、海外版ではアメリカが登場しているのでロリシカの設定もなかったことになったのでしょう。インファント島の『赤いジュース』も単なる儀式になっていますから、これは「ゴジラ」の世界にモスラを初参入させるにあたっての儀式のようなものだったのでしょう。好きな作品ではあるのですが、歳をとると細かいことが気になってしまいます。BDでのこのシリーズは初の購入ですがDVDよりも増えた特典がなかなかで、造形作家酒井ゆうじさんの「ゴジラ造形の世界」のゴジラたちは見ごたえがあります。ただレコーダーの機種にもよるようですが、操作するたびごとに『読み込み中』が出てくるのはちょっと目障りでした。
Video file
Heading (Hero Intro Copy)
Thinking in Generations. Acting Every Day.

未来を見据えて

マースの事業が2世紀目に突入した現在と来るべき未来に向けて、消費者、アソシエイト、地球に利益をもたらすために成長し、適応し、変化するための揺るぎない革新を継続して行います。

マースについて

次世代のためのイノベーション

マースには、次世代のために責任を担い続けてきた歴史があります。そのため、過去の学びを積極的に利用して、より良い未来に向かって前進しています。